読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブログ素人さんの日記

素人ブログ開設。制服を着てビシッと決めていく。

ブログノーインデックス病だから釣りに行く

せっかく書いた記事がインデックスされないことが多々ある。すごく文字数も多く一生懸命に書いたにも関わらずだ。逆にすぐインデックスされる場合も有る。事情がよく分かりません。

何となく思ったのが、禁止ワードみたいなのがあるのかな?ということ。邪まな表現を用いた場合によくそういう現象が起こりやすい。

とはいえ、ノーインデックスの記事をよそのブログにコピーして移せば、そっちではインデックスされることも多い。よく事情が分かりませんね。

このブログもいまノーインデックス病にかかっているのかな。一度その病気にかかると、以後調子が悪くなる。もしかしてペナルティーってなるのかな?とも考えるが、まったくそういうわけでもなさそう。

まじで困ったちゃん。

そんな訳で久しぶりに釣り具店に入ってみた。釣りはするのだが、あまり道具にはこだわらず、手持ちのもので十分なので買うのは消耗品的な針や鉛、あとは餌くらいしか買わないので現地釣具店で購入する場合が多く、街中の大型釣り具センターに行ったのは実に久しぶりだった。
よく商品を覗いてみると、昔よりずいぶん変わっている。ルアーなんかでもそうだ。分からないので怪訝に思って店員さんに色々聞いてみた。まあ最新の釣りのテクノロジーが織り込まれているのだ。凄いもんだね。おかげで値段も昔と比べてずいぶんと高い。
大量生産で安くなるならいいけど、全ての商品が値上がりだ。上がったというか、商品の機能が上がり価値が上がっているからだ。昔よりもよく釣れそうな機能なのだ。最近の釣り人口の低下から、少ない釣り人に高付加価値商品を売りつけるしかメーカーとしても手が無いだろうね。
しかしマジで釣りって人気ありませんね。無くなった釣具店は多数。当然釣り人すら見かけなくなっています。なんでこんなに廃れたのだろうか・・・。「釣れなくなった」というのは真っ赤なウソ(笑)、もちろん魚種にもよるでしょうが、小さい子が川で釣る鮒や鯉は、昔に比べてずいぶんと増えている。川を散歩していてそれを良く感じます。バシャバシャいっぱい泳いでいます。というのは自分が小さい頃は釣り人も多く、鯉が価値があって狙う人(釣り人)が多くて魚の数が少なかった。しかし今では天敵?の釣り人がいなくなったせいか、鯉が悠々と泳いでいますね。

とくに若い人に釣り人が減った気がします。親が過保護になりすぎた?これもあると思うけど、違う気もする。それは小学生でも低学年の話でしょ。自分が思うにやっぱ本人の気持ちだと思う。というのはラインが流行っているじゃない。それが大学生とか若い20代の会社員なら分かるけど、ラインで一番多いのは学生らしいですね。
思うに人と繋がっていないと寂しいのだろう。寂しいというか仲間外れみたいな不安感かな。とにかく人に囲まれていたい。グループに所属したい。仲間外れされたくない。という世界ですな。

その点、釣りというものは基本的に孤独。仲間で行くこともありますが、2人とか・・・(笑)
お仲間グループ活動とは縁が遠い世界。それが釣りです。これが若者に受け入れられないんじゃないかな。独りで釣りをする不安感。それより何もせんでもいいから、ただグループのみんなに囲まれてだべっていた方が落ちつくのでしょう。
何となく分かる気はする。自分も社会人になりたての頃は、みんなと飲み会とかするの楽しかったしね。やっぱりその頃は釣りをしていなかった。きっとそういう事情なんだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中世という時代の文学。

中世という時代は源頼朝鎌倉幕府の開設から、徳川家康が天下を統一した江戸幕府の創設期1603年までの約400年間を指す。源平の合戦、承久の乱南北朝の対立などの過程で貴族はその力を失い、室町足利幕府の力を失って、応仁の乱に続く戦国時代に突入する。不安定な政局と戦乱とで動揺を続けた時代である。

鎌倉期から南北朝期の文学ー新古今集平家物語方丈記徒然草

室町期から全極時代の文学ー中古以来、貴族社会が生み出した文学形態はすべて衰退し、武家および庶民の生活に根差す新しい文学形態が中心となる。

中世の文学理念ー中古の「あはれ」「をかし」などの諸要素は時と共に次第に複合して中世の「幽玄」「有心」「無心」などを生む。

 

 

 

 

 

 

 

福山結婚おめでと。

ああ~果てしない~とか歌詞を書くだけで何だかんだ言われていたようだが、最近は歌詞下記OKなブログも多くなったようだ。でもあくまでそのブログとの契約だから、自分でサイト作ってやっている人はダメなんだろうな。いろいろと問題多い。ゆえに音楽がすたれたような気もする。だいたいもう街で音楽が流れなくなった。著作権云々の問題だが、つーか、そのせいでその音楽を耳にする機会がなくなっては、売れるわけがない。音楽業界は勝手に首を絞めたものだ。中島美嘉福山雅治が新曲出しても、それを知る機会もなければ聞く機会もないわけだ。まあ、憤慨する前にもう音楽の事忘れ去られているけどね。

 その福山雅治が結婚するらしい。おめでたいことだが、ネットを調べてみると女性陣から悲鳴が上がっている。おいおい・・・(汗)、彼も40過ぎ出しはよ結婚せんといかんやろ。世の中の女性は彼が生涯独身でいることを願ってたのだろうか・・。んー酷し。

 

 

 

 

本当に好きだった人とは友達止まりな現実

現実には本当に好きだった人とお付き合いできてない、結婚できていない


いま学生時代を思えば、好きな人とお付き合いするという「形」にできた者は少ないと思う。別に学生時代に限った事ではなく、社会人になってからも同じかもしれない。

出会ってぱっとひと目で気に入って、その後お付き合いするためには早い段階で告白なり何なりと早めに行動することが望まれる。例え相手の事をまだ良く知らなくとも・・・。

相手を良く知るには長い期間が必要だが、この期間が長くなりすぎると、もう「お友達関係」となってしまい、もう告白やら何やらと、逆にきっかけが掴めなくなってしまうからだ。今さら恥ずかしいというかなんというか、そのままの状態がずっと続いてしまう。

ずっと仲良くしていた幼馴染みで、のちに結婚とかいうのはテレビのドラマの世界でしか無い話だと思う。実際はそのうち学校が別々になったりして、そのうち疎遠になっていくのが現実じゃないかな。

だから、小学校の時からのとか中学校時代から好きだった子とお付き合いすることは、現実的にあまりありえないし、見かけない。大学時代、社会人になって知り合ったケースでお付き合いする確率のほうが高い。早い話お見合いだ。知人の紹介で・・というのはお見合いだ。

結局、ほんとうに良く見知った、好きだった人とお付き合いできるケースは稀じゃないだろうか。

 

 

 

 

同窓会で女の子とは会いたくない

きっと参加すれば、好きだった女の子がおばさんになっていてショックを受けそうだ・・・。

同窓会に出席したのは、20代の最初の頃だった。中学・高校時代の同窓会に20代の頃に参加するのには意義がある。その頃の女性はきっと美しくなっているからだ。高校時代に野暮ったい顔立ちの女の子も、素敵な大人の女性になっていたりする。そして、そこで恋が芽生えたりもするものだ。

 

しかし、この同窓会40代ともなれば、様相が違ってくる・・。男も女も、もうずいぶんと顔立ちも老けて変わってくるからだ。男だったら頭がハゲてくる。ちょっと恥ずかしくて参加したくないかもしれない(汗


そして女性もだ・・・。本人もそうかもしれないが、周りのみんなも期待を持って見ているわけだ。とくに初恋の女の子。そういや、同窓会じゃなくとも、フェイスブックあたりでもそうだ。学生時代にお気に入りの女の子を検索したりする男も多いだろう。ある意味ストーカーか(汗)、俺もそうだが、検索してみた・・・  そしてがっかりした・・・・(笑


あたりまえだが、俺が好きだった女の子たちは、みなオバさんになっていた。いま俺は独身だが、彼女ももし独身だったとしても、俺は彼女を好きになることはない。いや、好きなのだろうけど、何というかその・・ 性的な魅力は感じない。

 

俺がいま結婚するなら、断然若い子がイイ! できれば20代。女子校生でもいいぞ。まあ、それは法的に無理だが。とにかく若い子の方がいい。もっともそれを抜きにすれば、その学生時代好きだった女の子と一緒になるのもいいだろう。熟年婚活の生活のパートナーというやつだな。

 

ちなみに俺は20代の同窓会で、いずみに会って以来それっきりだ。そのときのいずみは、とても可愛かったのを覚えている。他の女の子もそうだった。いずみはフェイスブックには登録していないようだった。見てみたい気もするが、見ないほうがいいかもしれない。思い出は大切にしまっておいた方がいいのかもね。

 

 

 

 

SKE48の鬼頭桃菜がAV出演したんだってさ・・・醒めた目(笑

国民的アイドルグループAKB48、その姉妹グループ、SKE48チームEに所属した元メンバーの が、なんと衝撃のAVデビュー!

Princess Peach 三上悠亜あの国民的アイドルSKE48チームE所属の鬼頭桃菜、1本限定AV界鮮烈デビュー!ということで何やらAV業界を騒がせております。人気急上昇中です、何と言っても元芸能人ですからね。

とはいってもオジサンには全然わかりません。AKB48は知っているがSKEといわれれば分からない。名前からして姉妹グループということまでは分かるが、メンバーまでは知りませんね。ちょっと調べてみると、AKB総選挙では4回ほどエントリーしてすべて圏外みたいなもので(汗

とはいえ元芸能人の美人女優、しかもあのAKBグループという事でAVファンが騒いでおります・・・???、いやいや、騒いでいるのはあくまでアイドルファンの方たちであって、本来のAVファンは至って醒めていますよ。だって全然知らないようなアイドルが脱いでも何に感慨も湧かないじゃないですか。そりゃ、板野さんとか、篠田さんとか、テレビや雑誌に登場している誰もが知ってる人気女優なら嬉しいのですが・・。

 以前から元AKBとか、モームスとか、あるいは最終審査までいったとか・・・そういった女優たちはAV界に登場していますよ。例えば「やまぐちりこ」とか・・。といわれてもオジサンは分からない(汗

しかしこれから先の世の中、どんどんAV界に進出してくるテレビ芸能アイドルが出てくるでしょうね。

 

 

 

 

 

1万円稼ぐアフィリエイターは勝負所なのかもしれない。

ブログと言うものを始めて、もう1年が過ぎた。アフィエイトとは難しい世界だね。90%のアフィリエイターが月5,000円も稼げないという。そう考えると自分は残り10%に含まれるから、上出来とも言えようか・・・。しかし全然満足は出来ない。

その一方で月に何十万も稼ぐことが出来るアフィリエイターってネット上で結構見かけることが出来ますよね。嘘ついてはったりの人もいるかもしれないが、とにかく稼げる人も多い。

逆に自分みたいな、数万という人が一番少ないのかも・・・。おそらくこの辺が勝負どころなんだろうね。数万いくということは、何かキッカケやコツを掴みかけていて、そこから伸びていくか、あるいはただのマグレであって、元の位置5000円未満に戻るのか・・。

そんな状況だと思う。少なくとも今力技だけ用いれば収入はもっと増やせそうだ。うーん、がんばれ自分。